スポンサーリンク

お尻が痛い、ももが痛い、坐骨神経痛って何だろう

その他
スポンサーリンク

お尻が痛くなったり、ももが痛くなったり、時には足に痺れが出てきたり・・・

そんな症状があらわれて病院に行くと、坐骨神経痛だと診断されることがあります。

また、椎間板ヘルニアなどの腰痛と関連して坐骨神経痛が出ることもあります。

よく耳にする坐骨神経痛ですが、坐骨神経とはどんな神経なのか、どんな症状が出るのか、わかっているようでわからないことも多いと思います。

そこで今回は、坐骨神経痛についてお伝えし、坐骨神経痛にならないための予防策をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは

坐骨神経って?

坐骨神経とは、腰椎の間から出てきて、骨盤の隙間を通り、枝分かれしながら、膝裏・ふくらはぎ・かかとの方まで通る、体の中で最も長い神経です。

お尻の奥から、かかとまで、広範囲にわたっている神経のため、坐骨神経痛が出ると足全体に痺れや痛みが起きることがあります。

坐骨神経痛は?

坐骨神経痛は足やお尻の各部位の筋肉の過緊張などで、坐骨神経が圧迫され起きることがあります。

しかし、大本は腰椎から出ている神経のため、その部位で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがおこったことで坐骨神経痛が出ることがあります。

症状としては、痺れや痛み、力が入らないなどが起き、ひどいと歩けなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛になってしまう多くの原因は姿勢の悪さです。

姿勢が悪いことで、腰痛や椎間板ヘルニアになってしまうのはもちろんなのですが、お尻の筋肉の圧迫が強くなります。

通常座っている時は、骨盤の一部の坐骨という部分が椅子などにあたり、筋肉への負担が最小限になります。

ところが、姿勢が悪く、骨盤が後傾する(後ろに傾く)と、殿筋群へ圧迫が加わるので、筋肉が硬くなり、その下にある坐骨神経を圧迫し、痺れなどが発生してしまいます。

また、特に男性が多いのですが、お尻のポケットに財布などを人は要注意です。

お尻に入っているものが、さらに殿筋を圧迫し、坐骨神経痛になりやすくなります。

なので、長時間座るときはお尻のポケットに何も入れないようにすることをお勧めします。

スポンサーリンク

坐骨神経痛になってしまったら

もし痺れなどが出てしまったら、まずは安静にしましょう。

ヘルニアなどの疾患が原因の場合は別ですが、そうではない場合、筋肉のケアをすることで、痺れを軽減することができます。

お尻から足にかけてのストレッチを行い、筋肉を和らげる必要があります。

特にストレッチをした方がいいのは、お尻ともも裏、ふくらはぎです。

また、ももの前の筋肉を緩めることも効果的ですので、ストレッチや、直接揉んでみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

坐骨神経痛は、お尻からかかとまでつながっている神経で、筋肉の硬さや外部からの圧迫、ヘルニアなどの疾患から起こる症状です。

ストレッチなどを行うことで症状を軽減できますので、まずは安静にし、体のケアをしましょう。

ただし、根本的には、座り姿勢などを変えなければ、再発することは大いにあります。

また辛さのでる前からケアをすることが大事です。

日頃から気を付けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました