肘が痛い、テニス肘。その原因と対策とは

肘が痛くて病院に行くと、

テニス肘と診断されることがあります。

まったくテニスをしていないのに。

テニス肘は現代人、

特にデスクワークの人にとって

意外と身近な症状です。

テニスをしなくてもなります。

そこで、今回はテニス肘について

お伝えしていこうと思います。

[affi id=4]

テニス肘って何?

テニス肘は正式名称ではありません。

正式には、上腕骨外側上顆炎といいます。

テニスをやることで痛めやすいので、

テニス肘と呼ばれますが、

テニスをしてなくてもなります。

肘の外側(親指側)が痛い場合、

テニス肘の可能性があります。

何が原因か?

テニス肘の原因は、

手首の使いすぎ、

特に手首を伸ばす(甲側に曲げる)動きや、

親指側、小指側への動きで、

手根伸筋群の腱に炎症が起こり、

痛みが発生します。

この動きはテニスで多い動きですが、

たとえば、マウスを使ったり、

フライパンを振ったり、

雑巾を絞る、

アイロンをかけるなどでも痛めることがあります。

なので、テニスをしなくても、

テニス肘になるのです。

 

痛いときにどうすれば良いのか

基本的に病院では、

保存的療法、

つまり安静にするということを勧められるようです。

場合によっては痛み止めを出したり、

注射を打ったりするようです。

しかしながら、これだとまた使ったときに痛んだり、

また、安静にできない場合は良くなりません。

たくさん使っても痛くならない人との違いは、

筋肉の硬さです。

なので、ストレッチをすることが予防、改善につながります。

手首のストレッチは、

肘を伸ばした状態で、

手のひら側に曲げます。

この時指先は下です。

30秒は伸ばしましょう。

逆側も行います。

そして肘は伸ばしたまま、

逆の手を使って肘をひねるストレッチも行いましょう。

これをすればすぐに痛みがなくなるわけではないですが、

腕の筋肉が柔らかくなることで、

痛まなくなってきます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

テニス肘は四十肩と同じで、

改善まで時間がかかります。

日頃からのケアをして、

少しでも早く痛みがなくなるようにしましょう。