スポンサーリンク

天気痛が辛い!その原因と対処法とは

紫陽花 その他
スポンサーリンク

天気痛をご存知ですか?

天気痛とは、雨の日などの天気が悪い時に、

頭痛が出たり古傷が痛くなってくるなど、

体に痛みが出たりする病気です。

梅雨の時期は雨の日が多く、

体の色々なところが辛くなる人も多いと思います。

なぜ天気痛が出てしまうのか、

その原因をお伝えすると共に、

辛い時の対処法もお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

天気痛が起きる原因

天気痛が起きる原因、

それは気圧の変化です。

気圧の変化を、耳の奥にある

内耳が感じ取り、

体に痛みを発生させてしまいます。

ただ詳細なメカニズムはわかっていないそうです。

仮説としては、

内耳が気圧の変化を感じ取ると、

交感神経が優位になり、

血管を収縮させます。

頭痛があったり古傷がある場合は、

もともと血流が悪いことも多く、

血管が収縮した結果、

さらに血流が悪くなり、痛みを誘発させるそうです。

スポンサーリンク

辛い時の対処法とは

天気痛が辛い時どうすればいいか、

それは耳を温めてあげると良いです。

そうすると、内耳が気圧の変化が起きた時に

敏感に反応しなくなるので、天気痛が出にくくなります。

また、深呼吸するなどして副交感神経が優位になるようにするのも

良いかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

梅雨の時期は気圧が低いことも多く、

天気痛が辛いかもしれませんが、

耳を温めるなどして、

少しでも辛さを和らげてあげてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました