スポンサーリンク

肩が痛い時に行うと良いストレッチ

首肩こり・首肩の痛み
スポンサーリンク

肩が痛いときは、

じっとしても痛いし、

腕をあげるのも辛いし、

どんな体勢でも変わらないことがあります。

原因はいろいろなことが考えられますが、

腕が原因で肩が痛くなっている時があります。

今回は腕が原因の

肩の痛さを改善できるストレッチを紹介します。

スポンサーリンク

腕からくる辛さの原因は?

腕が原因で肩が痛くなる原因は、

筋肉の硬さや関節の歪みなどが、

考えられますが、今回注目するところは、

腕のねじれです。

腕にねじれがあることを、

自覚している人は少ないですが、

ほとんどの人がねじれています。

本来腕がねじれていない状態は、

手のひらと肘のくぼみが同じ方向を向き、

方向は正面を向いているのがねじれていない状態です。

なので、気をつけの時点で腕はねじれてますし、

お腹の前で手を組んでいたりしていると、

さらにねじれている状態になります。

スポンサーリンク

腕のねじれがあると何がよくないか

腕にねじれがあると、

同時に筋肉が常に縮んだり、

伸びたりしている状態になります。

そうすることで、

血行が悪くなったりもするので、

筋肉がどんどん硬くなります。

腕がねじれると、さらに

肩甲骨付近にある、

棘下筋や棘上筋など、

ローテーターカフと呼ばれる

筋肉群にも緊張が生まれ、

これが肩の痛さにつながります。

また、腕のねじれに引っ張られ、

肩が内側にも入ってくるため、

猫背の状態になり、

肩も凝りやすくなってきます。

スポンサーリンク

対処法は?

自分でできる対処法、ストレッチは、

腕を外にひねるストレッチです。

片腕を前ならえの状態にし、

逆の手で親指が外に行く方向へ

ひねっていきましょう。

そうすることで内側にねじれている腕を

ストレッチすることができます。

また仰向けの状態で、

手のひらを天井に向けることも効果的です。

硬さが強い人は、

肩のあたりに違和感が出てくると思います。

手のひらを天井に向けることで、

肩を開くこともできます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

腕のねじれを取ることで、

肩の痛さだけでなく、

猫背にも効果が出てくるので、

ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました