むくみがあるのにやってはいけない3つのこと

足がむくんでしまう人は、意外と多くいます。

特に最近は女性だけでなく、男性でもむくみに悩んでいる人も多いです。

むくみに対して、様々な対策がありますが、

良いと思ってやっていることでも、

じつはやってしまうことで、

逆効果のこともあります。

今回はそんなやってはいけないこと3つ紹介したいと思います。

水分を取らない

足がむくんでいる=水分が多いと考える人は多く、

水分を控えている人は多く見受けられます。

しかし、水分を取らないことは逆効果です。

体内の水分が不足することで、

血液やリンパの循環が悪くなります。

また、水分の摂取・排出のリズムが悪くなり、

余計な水分の排出ができず、逆に溜め込むようになり、

むくみやすくなります。

着圧ソックスを履く

着圧ソックスは、一時的には効果があると思います。

次の日に絶対むくんではいけない事情があるときは、

有効でしょう。

しかし、根本的な解決にはなりません。

逆に圧迫状態が続くため、

循環が悪くなり、

脱いだ後にむくみが悪化する可能性があります。

リンパを流そうと強くマッサージをする

早くむくみを取りたいために、

ゴリゴリと強めの圧でマッサージする人がいますが、

効果が半減する可能性があります。

それは、リンパ液が流れている管、リンパ管は、

深層部ではなく表層にあるため、

強くマッサージをする必要はありません。

また、リンパの流れは、

1分で約24cmしか流れないと言われており、

1分かからず一周する血液と比べても非常にゆっくり流れます。

なので、優しい圧でゆっくりと流すことが、

リンパの流れをよくするマッサージで重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

良いと思っていたことが、

実は、むくみを取るために逆効果のこともあります。

水分をしっかりするだけでなく、

足首やふくらはぎ、足全体を動かしてあげることも、

むくみ解消に繋がるので、

まずは足首を回したりと動かすようにしてください。