スポンサーリンク

腰痛予備軍?あなたは大丈夫?そんな人の3つの習慣

腰痛 腰痛
スポンサーリンク

腰痛を持っている人はとても多いです。

また自覚症状がなくても筋肉が強張っている人、

可動域が狭くなっている人は沢山います。

いわゆる腰痛予備軍です。

そのような腰痛予備軍の人たちに多い、

習慣や癖を今回はまとめてみました。

 

スポンサーリンク

足を組む

足を組む人はとても多いです。

街中でも、沢山の足を組んでいる人を見かけます。

足を組む方が楽な気をするのですが、

腰が丸まったり、

臀筋群に負担がかかったり、

骨盤の歪みが出たりするので、

腰痛が出やすくなります。

スポンサーリンク

片足重心になる

片方の足を休ませるために、

片足重心になってしまうことがありますが、

これも腰痛が出る原因となり得ます。

まっすぐ立たないため、骨盤や脊椎に歪みが発生し、

筋肉の負担も大きくなります。

スポンサーリンク

座り姿勢が悪い

いわゆる猫背の状態だと、

本来反っている腰椎が丸くなり、

筋肉の負担が増えます。

場合によっては腰椎ヘルニアなどの疾患も発生します。

また腹筋や腸腰筋など、おなか側の筋肉が硬くなることでも、

腰痛が発生しやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段やってしまっている人が多いと思います。

これらはほんの一部ですが、

気をつけることで腰の負担も減るので、

腰痛予備軍にならないよう気をつけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました