スポンサーリンク

肩こりと吐き気、その原因と対処法

吐き気 首肩こり・首肩の痛み
スポンサーリンク

肩こりが辛くなると

頭痛がする人もいれば、

吐き気が出る人もいます。

吐き気が伴ってしまう肩こりの方が

重傷だったりします。

そこで今回は吐き気が出てしまう原因と

対処法を紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

吐き気が伴う原因とは

肩こりから吐き気が出てしまう原因は、

色々考えられます。

考え得る原因を紹介していきます。

血流不足

肩こりとして感じやすい、

肩から首にかけての筋肉が硬くなり、

脳への血流が悪くなります。

頭痛の原因にも乗るのですが、

吐き気としても出てくることがあります。

肩甲骨内側の筋肉の張り

肩こりの人は肩甲骨の内側の

菱形筋という筋肉も硬くなっていることがあります。

胸椎の6番目と胃は関係性があるので、

背中が硬くなり、

それが胃に悪影響を及ぼし、

吐き気につながることが考えられます。

酸欠状態

肩こりの人は、猫背であることが多いです。

上記の背中の硬さにもつながりますが、

肺が広がりにくくなり、

十分に空気が吸えない状態になっていることがあります。

その結果脳へ送られる酸素量が少なくなり、

吐き気として現れることがあります。

スポンサーリンク

対処法

まずやった方がいいことは、

身体を動かすことです。

肩甲骨を前後に10回ずつ回す。

首を右回転左回転で10回ずつ回す。

そうすると血流が良くなり筋肉も柔らかくなってきます。

また胸を広げながら深呼吸を、

10回行うことでしっかりと酸素を取り入れられます。

吐き気がある状態で無理をしてはいけません。

次第に治ることはないので、

せめて休息を取るようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

吐き気はとても辛いことです。

無理のない範囲でいいので、

身体を動かしてゆっくりするようにすれば

吐き気も治ると思います。

また定期的に繰り返すことで原因がなくなり、

その後も吐き気が出なくなるので、

続けるようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました