腰痛の人が使うクッション、馬具様式のものって??

腰痛がある人や姿勢が悪い人は、

よく椅子の上に特別なクッションを乗せ、

その上に座っています。

様々な種類が今売られていますが、

馬具様式のクッションはご存知でしょうか?

あまり聞きなれないかもしれませんが、

良いものなので、

今回はその特徴やメリット、

デメリットなどをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

[affi id=3]

馬具って?

馬具(ばぐ)とは、

馬に乗るときに使う道具の総称です。

手綱や調教道具も馬具の一種です。

この中の鞍(くら)が姿勢を正すのにとても効果的です。

というより、姿勢が正しくなれるように、

形作られてます。

鞍は馬に装着するものなので、

椅子や床には使えませんが、

その形を基にしたクッションが、

今売られています。

特徴は?

売られているものは、

いくつも種類があり、

微妙に形が違いますが、

主な特徴としては、

・低めの背もたれのようなものがあり、骨盤が後傾しにくくなる。

・ちょうど股のあたりが盛り上がっていて、前にずれにくい。

というものがあります。

この二つが主な鞍を真似たところになります。

スポンサーリンク

[affi id=3]

メリットやデメリットは?

メリットとしては、

骨盤が後傾しにくいので、

猫背になりにくい、

また腰椎への負担も軽減できるので、

腰痛になりにくい

というものがあります。

また、お尻の形にフィットしやすい形にも

なっていることが多いので、

お尻の筋肉の負担も軽減し、

これも腰痛予防の効果が期待できます。

馬具マットプレミアムEXという商品では、

腰の方まで支えがあり、

使ってみた感じは、フィット感がとても良いです!

デメリットとしては、

少し大きめ、かつ特徴的な形のため、

パソコン仕事などで、

決まった席がない方などは、

少し使いにくいかもです。

逆にいうと、決まった席がある人や、

自宅使いにはいいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今現在何もクッションを使ってない人には、

ぜひ使ってもらいたいです。

また何かしら使っている人も、

馬具様式のものはひと味違うので、

ぜひ使ってみてください!